福祉レポート

あれから一週間

あれから一週間・・・ あれから・・とは。先週職員さんが退職しました。 ある意味私以外のスタッフは今年からのフレッシュマンです。 チャレンズはメンバーさんもどんどん入れ替わっていきますが、 職員も入れ替わりです。null null 「ねじれ花❀」 どうなるんだろう・・と不安を抱きつつ過ごした一週間でしたが、 みなさん(職員もメンバーさんも)自分たちなりに日々前進です(^^) 私の取り越し苦労? みなさん前だけ向いて進んでいきましょうね。 null「おいり」です。香川の西讃地区の「引き出物」のお菓子 null「おいりパフェ」

サボテン

null null null null サボテン 花が咲いているのです。 見たことありますか? サボテンって花が咲くんですよね❀ この写真はチャレンズの卒業生の方のお家で咲いたそう。 花芽が出てから開花までおよそ一か月 サボテンって花が咲くまで30年~50年とかもかかる種類もあるようですョ❀ 珍しいのでUPしてみました!!

祝♪ 卒業

♪卒業♪ 今日で、一人メンバーさんが卒業します。 来週から、就職しま~す♪ 1年9カ月訓練に通いました。。 順風満帆では決してなかったです。 途中で何度くじけそうになったか・・・。 でも、くじけることなく訓練を続けました。 そして、やっと・・・ 社会復帰という名のスタートラインに立てました。 私の仕事は道しるべ役。 スタートラインに立って、スタートは切っても 道しるべは必要なので、これからも支援させていただきますからね。 とにかく。 気負うことなく、マイペースで進みましょうね

また、やってしまった!!!

毎週、更新しようと意気込んでいたのに・・・・ アップする写真が無いしなぁ~などと思っていたら、 あっという間に5月が過ぎていた(T_T) やってしまった・・・。 先日の新聞記事にこんなことが記載されておりました。 「障がい者雇用率2%に」  (来年度から15年ぶりに引き上げ) チャンスではないかっっと思ったのは私だけでしょうか? 皆さんの働ける間口が広がるのね!と。 現在の法定雇用率は1.8% これを来年4月から2%に引き上げるとか。 就職先がふえるといいな。と思う私です。 null そうそう。 前回、ぼやいていた、工賃引き上げ計画シートですが、 何とか作成終了し、無事提出しました~♪

悩める私・・・

最近悩んでおります。 何事かと言うと・・・。 大阪府は平成18年度から、福祉施設にかよう障がい者の方たちの 工賃水準の向上をめざし 「大阪府工賃倍増5か年計画」「工賃倍増計画推進事業」を実施しておりました。 そして、今年度から「工賃向上計画」で府内の就労継続支援B型事業所等で 働く障がい者の工賃水準の向上を目標に各施設で計画案を策定しなければいけないのです。 何を悩んでいるかって・・・・。 チャレンズは作業所ではありません。ので・・・ 母体のエヌ・エフ・ジェイ株式会社の不動産部門から仕事をいただいているのですが、 これを、どのようにし依頼を増やしてもらおうかと・・・・ null ミズバショウ 計画書も作成しないといけないんですけどね~ 都道府県別に見ても、大阪府の施設での工賃は最下位でした(T_T) null 何とかせねば!! 今月中に作成しないといけないので・・・・ がんばろ~っと null

前回の続き❀

前回の続き・・・・ 前回話に出た卒業生の方のもう一つうれしかった言葉 「僕が就職したことで、家族がとても喜んでくれいている」 という事。 「家族の喜ぶ顔がうれしいので、僕は頑張れます」とも。 「仕事」「就職」は何故するのか?  したいのか? それは、とても大事な「テーマ」だと思います。 就職は、「ゴール」ではなく「スタート」だと私は思っています。 その「スタート」に立った時、何を目指して進んでいくのか・・・・。 「やりがい」「生きがい」などいろいろあると思います。 漠然とではなく、明確に目標や目的をもって、チャレンズを卒業していって いただきたいと。 今回は、意味もなく私のお弁当 目標に向かって進む皆さんのお手伝いが少しでも出来れば・・・と 思っております。(^-^)

❀卒業生❀

チャレンズでは、卒業後のアフターケアにも力を入れています。 施設も開所してこの4月で3年が過ぎました。 null この3年で就職がきまり卒業して巣立たれたメンバーさんたち。 この3年で10名には満たないですが、この数字を多いととるか、 少ないととるか・・・・。 チャレンズの代表小島純子の思いとして、 「就職しました、ケド辞めました・・・」では就職してもらう意味がない!と。 やはり、自分の特性を活かした仕事について1日でも長く勤めること。null そして、その中で自分の生きがいや、やりがいを見つけていくことこそ 本当の意味での就労ではないか? そんな、代表の思いのもとメンバーさんはじめ職員は就労をめざし、日々過ごしています。 なので、チャレンズでは、就職までに充分な時間を設けて取り組んでいます。 昨日、今年2月に就職した方のところへ訪問に行ってきました。 基本私は本人さんには予告せずに訪問します。 事前にお伝えすると、緊張させてしまうので・・・ (とは、いうものの・・突然私が現れても驚かせてしまっておりますが・・・) 就労して3か月過ぎたので、そろそろ疲れが出てないかしら~? という思いで訪問させていただいたのですが、 「こんにちは~!」と声をかけさせていただくと、「わぁぁ~!!」と驚いたものの、すっごい素敵な笑顔で 「お久しぶりです~頑張ってますよ」とパキパキ手を動かしながら覚えた仕事の説明など してくれました。 そして、こんなことも言ってくれました。null 「僕が今仕事をしている同じチームの方たちはすごいプロフェッショナルな人たちばかり。 最初は、そんな人たちの中で自分なんかやっていけるのかな~?と思ったけど、 仕事を真似したり、教えてもらうことで自分もいつかこのプロ集団の中で1人前って思われたいという 気持ちになってきて、今はこのチームの中にいる自分が自慢なんです!」 うれしかったですね。 こんな言葉が聞けるなんて。 会社の責任者の方にもお話しが聞けました。 「仕事で大切な、報告、連絡、相談がきちんとできる方なのでとても仕事がしやすいです」と 言ってくださいました。 null前回つぼみだったチューリップ 今日はちょっと文章が長くなったので、この続きは次回へ持ち越します(p_-)

福祉レポートではないけれど・・

null 一時期、こまめに更新していた福祉レポート 今ではすっかりご無沙汰となり、これではいけない!!と 反省し・・・・。 前回のレポートからはや数か月。すっかり春になりました。 null 満開です。 あっっ川口です。(^^ゞ 今年に入り、メンバーさんが2月に1人、3月に1人 うれしい話ではありますが「就職・卒業」があり!(^^)! そのほかにも、いろんな事情があってのメンバーさんの卒業もあり(T_T) ほかにも、ほかにも 職員の卒業 (学校に通いながら施設職員として働いてくれていた学生さん) 精神保健福祉士の試験に見事合格し晴れて卒業!! とか、 管理栄養士として来てくれていた職員の退職などなど・・・ なんだか、盛りだくさんの出来事があり あっという間に時間が過ぎてしまいました。 メンバーさんも職員も卒業するからには チャレンズで学んだことや経験をいかして飛躍していただきたいものです。 null最初はみんなこんな感じ「つぼみ」 null旅立つときにはこんな感じ「満開」

チャレンズスローガン(-^〇^-)

大阪市北区の障がい者自立支援施設、自立支援カレッジチャレンズの副施設長をしています小島です。 null チャレンズでは朝礼で「チャレンズのスローガン」を大きな声で元気良く毎日皆で唱えています。 チャレンズのスローガンは、「どうしたらメンバーがわかりやすく、かつ社会に出たときに役に立つ、そんなスローガンはないだろう?」 とあーだ、こーだスタッフが話し合って作り上げた力作です。(n‘∀‘)η 先日、メンバーHさんと面談した日のこと。Hさんは「私、会社に雇ってもらえるか不安です。どうしたらいいでしょうか?」私は、アドバイスとしてHさんにこう言いました。「会社は雇ってなんてくれないよ。会社は雇いたいと思った人を雇う。これは、障がい者も健常者も同じ。 だからこそ今自分が苦手としているのは何かを考えて、その苦手と向き合って成長していこうね。」 そして、「チャレンズのスローガンにあるよね。言える?」と聞きました。 Hさんは間違う事なくチャレンズのスローガンをいえました。 毎日の継続はとても大切なこと。そして、苦手と向き合うことも素晴らしいこと。これからも苦手があるからこそ向き合う。そしてその結果として成長し、人生が豊かになる。人生が豊かになるために努力をする人をしっかりと支援していきたいです。 null

読み聞かせは心の脳を育てる

お久しぶりです。今日は大西が担当します。null 読み聞かせは、子供の感性を豊かにする。親子の絆が強くなるとよく言われます。新聞記事に 子供がこれほど喜ぶ読み聞かせの効果を科学的に証明しようと実験がなされました。結果恐怖や 驚き、喜怒哀楽などの感情にかかわる『大脳辺縁系』が活動している事がわかった。大脳辺緑系を 『心の脳』と名付け、読み聞かせは子供の『心の脳』に届いていた。 『心の脳』には自身をたくましく生かしていく役割があるという。人間を含めた動物は、恐怖や嫌悪を 経験した場所には身を守るために近づかなくなり、喜びや楽しさを得た体験は再現しようとする。 これらの理性にとらわれない行動をつかさどるのが、心の脳だそうです。読み聞かせを通し、親が 子の気持ちになり、反応を確かめながら本を読むと、子を観察するようになり、日常生活でも変化に 気づきやすくなり、タイミング良く褒められた子はより成長しようとする。『好循環で正のスパイラル がうまれます』 このようなことは、大人にもいえるように思います。また絵本によって子供の純真な 心をよみがえらせてくれる気がしますし、大人の目で深く考える事もできます。少し時間がある時 チャレンズで読み聞かせしています。 null